【ワームの色付け】アジング・メバリング用にカラーバリエーションを増やす方法

釣具のカスタマイズ
公開日: 2022/11/21

ワームに色付け

こんにちは、ぽちゃさんです。
誰も興味のないオッサンのブログにお付き合い頂きありがとう。

釣具屋さんに行ってワームを選んでいると、好みの色が無いことってよくありますよね。

多分、その色を出しても魚の反応が薄いのか、それとも他の色で代用できるのでメーカーがあえて作らないのか、その辺はよく分かりません。

とにかく、欲しい色がなくて我慢するくらいなら「いっそのこと自分で塗ってしまえ!」とばかりに、今回はワームの色付けに挑戦してみました。

目次

ハイマッキーで色付け

ハイマッキー

ワームの色付けには、いろんな物に簡単に色を塗ることができる、皆さんお馴染みのハイマッキー(ゼブラ社)を使いました。

ただ、紙にはしっかりと塗れるのですが、今回のように柔らかい材質にはインクの付着が弱く、ワームの種類によってはいくら乾燥させても手に色が付いてしまうことがありました。

とりあえず今回色付けして判った、ハイマッキーの良い点と・難点を書いておきます。

ハイマッキーの良い点

ハイマッキーの難点

色付けを始める前に

必要な道具

ワームの色付けに必要な道具

色付けするワームの元色

色付けするワームの元色

色付けするワームの元色はクリアーか白系などの色が無難です。

ハイマッキーのインクは半透明なので、下地色(ワームの色)が影響してきます。

なので、基本はクリアーのワームを使った方が無難だと思います。

ラメ入りの場合は、マッキーのインクが透過するのでキラキラ反射して綺麗です。

ただ、黒は色が透過しないので、何色のワームに塗っても真っ黒に仕上がります。

まず不要になったワームで確認

不要になったワームで確認

ハイマッキーのインクは油性なので、ワームによっては溶けるかも知れません。

先に不要になったワームなどを使って、問題ないか確認するようにしましょう。

色付けの前にワームを脱脂

ワームを脱脂

ワームに油が付着していると、カラーインクを弾いてしまうかも知れません。

そうならないために、アルコール除菌スプレー(ダイソーに売っています)を使って軽く脱脂します。

ティッシュの上で色付けする

ティッシュの上で色付けする

ハイマッキーは油性なので、机なんかに付着してしまうと取れなくなってしまいます。

ティッシュを下に敷いて作業すると、机が汚れなくていいと思います。

こんな色に仕上がりました

赤で色付け

赤で色付け

赤で色付けすると、クリアーオレンジに仕上がりました。

何度も挑戦したのですが、どうしてもオレンジ色になってしまいます。

本当はクリアーレッドのワームにしたかったのですが、マッキーでレッドに仕上げるのは無理なようです。

青で色付け

青で色付け

青で色付けすると、濃いブルーに仕上がりました。

透明度はかなり低くラメの反射も少なめです。

ライトブルーで色付け

ライトブルー

ライトブルーで色付けすると、鮮明なブルーに仕上がりました。

透明度は高く、かなり透き通ったクリアカラーになりますので、ラメも綺麗に見えそうです。

黄で色付け

黄で色付け

黄色で色付けすると、ゴールドっぽい仕上がりになりました。

透明度は高く、ラメ入りのワームならきれいに反射すると思います。

緑で色付け

緑で色付け

緑で色付けすると、少し濃いめのクリアーグリーンに仕上がりました。

比較的濃い目の色ですが、ラメは鮮明に確認できます。

ピンクで色付け

ピンクで色付け

ピンクで色付けすると、鮮やかなクリアーピンクに仕上がりました。

透明度は高く、ラメも綺麗に反射します。

紫で色付け

紫で色付け

紫で色付けすると、クリアーパープルに仕上がりました。

比較的濃い目ですが、透明度はそれほど低く感じません。

黒で色付け

黒で色付け

黒で色付けすると、真っ黒に仕上がりました。

透明度はほとんどゼロですが、表面のラメは所々反射しています。

まとめ

今回の色付けで残念だったのは、クリアーレッドに仕上げられなかったことです。

まさか赤で着色したら、オレンジに仕上がってしまうとは想定外でした。

ただ、その他の色は思っていたより綺麗な色に仕上がりましたので、総括的に見れば満足な結果でした。

Top