【自作フロートリグ/シンキングタイプ】ボトムも狙える!沈むフロートリグの製作方法

自作釣具
公開日: 2022/11/01 (更新: 2022/11/02)

自作フロートリグ/シンキングタイプ

こんにちは、ぽちゃさんです。
誰も興味のないオッサンのブログにお付き合い頂きありがとう。

先日、自作フロートリグの製作方法を公開しましたが、今回はステンレスのネジを使ってシンキングタイプに改造してみましょう。

特に特殊な道具が必要な訳でもなく、少しの手間で5分もかからず簡単にできます。

飛距離の方もフロートタイプより若干伸びますので、少しでも遠投が必要な場所なら、迷わずこちらの方を使うようにしています。

目次

必要な部品・工具

使った道具

製作手順

1.フロートを自作する

自作フロートリグ

まず、自作フロート/フローティングタイプを製作します。
製作方法はこちら

2.フロートの頭頂部に穴を開ける

下穴を開ける

先に1mmの穴を開けてから、次に2.5mmの穴を開けます。

いきなり大きな穴を開けるとスーパーボールが割れてしまうので、2回に分けて穴を開けるようにします。

スーパーボールの半分あたりの深さまで穴を開ければいいでしょう。

3.ビスとナットをねじ込む

ビスとナットをねじ込む

ビスとナットをねじ込んで完成です。

弱くねじ込んでも簡単に外れる事はありませんので、あまり強く締め付けないように。

ウエイトのセッティング

ビスとナットの組み合わせで沈む速さが調整できます。

各部品の重さ

沈むスピード

0.5gのジグヘッドを付けて、1m沈むのにどれくらいの時間がかかるか計測してみました。

トラスタッピングのみ
トラスタッピングのみ
【1m沈むのに6秒】

トラスタッピング+ナット1個
トラスタッピング+ナット1個
【1m沈むのに4秒】

トラスタッピング+ナット2個
トラスタッピング+ナット2個
【1m沈むのに3秒】

トラスタッピング+ナット3個
トラスタッピング+ナット3個
【1m沈むのに2秒】

これらのデータは、無風の日に波のない潮流の緩やかな海で計測した数値なので、風・波・潮流があると沈下速度はもっと遅くなります。

あくまで参考としてください。

ぽちゃさんは、沈む速さよりリトリーブの速さで使うウエイトを決めています。

ゆっくりリトリーブしたい時は「ビスだけ」とか、早くリトリーブしたい時は「ビス+ナット3個」など、その時の釣り方で決めています。

使った部品・工具

自作フロート

自作フロートリグ

作り方

トラスタッピング(3×20mm)

トラスタッピング

購入:ホームセンター

ステン6角ナット(M4)

ステン6角ナット

購入:ホームセンター

プラスドライバー(#1)

プラスドライバー

購入:ダイソー

ハンドドリル(1mmと2.5mm)

ハンドドリル

購入:ダイソー

Top